渋滞回避策を考える

お盆やお正月、ゴールデンウイークなど行楽日に車でお出かけする人は多いです。

 
近年、高速道路でのETC(道路利用料金電子収受システム)の発達やナビゲーションの発達で混雑する、料金所や道路工事による混雑を予め回避することが出来るようになりました。

 
とは言え、行楽シーズンの帰省ラッシュやユーターンラッシュとなれば、混雑し最大40キロもの行列をつくり、高速道路を使って早く行くことを目論んでも逆に遅くなってしまうのが現実です。

 
このような場合にどうやって、混雑を回避したら良いのかを良く考えてみましょう。
高速道路などで混雑する原因は料金所や坂道にあります。
上り坂はどうしてもスピードが落ち、車が詰まってきます。
さらに料金所でも車は詰まります。

 
上り坂は軽自動車や大型トラックがスピードが落ちるため減速します。
減速することにより、それを追い越す車が多くなり、そこの混雑するメカニズムが隠されていると言います。

 
しかし、かえって抜かそうとする行為が混雑の原因となっています。
まず、行楽日における高速道路利用は混雑の巣であると言われています。
渋滞回避をするには、空いているインターチェンジから降りて、混んでいない道路を利用することが良い方法でしょう。”